東京の自然葬について

自然葬とは従来の東京で行われていた墓石を使う方法ではなく、海や山などに遺体や遺灰を帰すという方法のことを指しています。

東京でこの方法を行う場合、法律のことが気になるかもしれません。

しかし、節度をもって行われるなら遺骨遺棄罪などには当たりませんし、問題なく行うことができるのです。



外国では遺灰を自然に還すことは自由に行われていますが、国によっては禁止されていることもあります。現在では東京においても自然葬が認められており、この方法に興味を持っている人が多くなっています。
墓地に葬って欲しい人よりも遺灰を自然に帰すことに肯定的な意見を持っている人が多いため、その特徴についても知っておくと良いでしょう。

日本人はもともと自然との一体感を大切にし、死後は自然の大きな循環の中に帰るものだと考えている人が多いです。
ちなみに、散骨が現代に自然葬として復活した理由には、社会状況の変化なども挙げられます。

お金ばかりかかって心のこもらない葬儀への批判もありますし、少子化や高齢化などの影響でお墓の継続が難しくなってきたことや、葬送の方法が多様化していることなども理由として考えられるでしょう。



また、墓地を作る際には自然を破壊することになりますし、そのことに対して批判が出てくることもあります。


自然葬は故人と遺族の意思によって自然の中に遺体や遺灰を帰すという方法であり、伝統的な方法を現代に復活させることができますし、環境破壊を防ぐというメリットもあるのです。

@niftyニュースについての情報をお探しの方は必見です。

関連リンク

東京で自然葬をしたい

日本では火葬が一般的であり、故人の遺骨は骨壺に入れてお墓に納めることが多くなっています。しかし、最近では遺骨を自然に還す自然葬という方法が東京でも増えています。...

more

東京の自然葬について

自然葬とは従来の東京で行われていた墓石を使う方法ではなく、海や山などに遺体や遺灰を帰すという方法のことを指しています。東京でこの方法を行う場合、法律のことが気になるかもしれません。...

more