東京でも永代供養墓を求める人が多くなっている

従来建立されているお墓の場合は、そのお墓が霊園にある場合であってもお寺にある場合であっても、そのお墓を継承する人がいなくなってしまえば、一定の期間や手続きを取ることで無縁墳墓として改葬されることになります。

お墓を継承するすることができない、あるいは継承する人がいないといった時には、お墓を建立することを拒否されることも東京ではありますし、建立したとしてもいずれは無縁墓として処理されてしまうことになります。

このようなことになってしまうのは、お墓を使用している人にとってもつらいことになりますが、管理をする人にとっても望ましいものではありません。



無縁墓が多くなってくるということは、お墓の管理費が入ってこないということでもあり、将来の墓地の運営や管理に大きな支障が生じてきます。
こういった現状がある中でお墓の継承者がいなくても、継承者に代わって、霊園や寺院がその責任において永代に供養、管理を行っていこうという考え方が生まれてきました。
これが永代供養墓という形で全国的に広がっていきました。


東京にも多くの永代供養墓が建立されています。
これらの永代供養墓は、社会現象になるにつれて死んだあとを安心して託すことができる明確なシステムとして、徐々に確立してきています。

朝日新聞デジタルは無限の可能性に満ちあふれています。

永代供養墓は死んだあとのこともさることながら、残りの人生をより安らかに充実して生きていくためにも存在していますが、普通のお墓に比べればその比重がより高くなっています。



東京でも生前から永代供養墓を求める人が多くなってきています。


関連リンク

東京で自然葬をしたい

日本では火葬が一般的であり、故人の遺骨は骨壺に入れてお墓に納めることが多くなっています。しかし、最近では遺骨を自然に還す自然葬という方法が東京でも増えています。...

more

東京の自然葬について

自然葬とは従来の東京で行われていた墓石を使う方法ではなく、海や山などに遺体や遺灰を帰すという方法のことを指しています。東京でこの方法を行う場合、法律のことが気になるかもしれません。...

more