東京での永代供養墓について

近年、永代供養墓が増加傾向にあります。



永代供養墓とは、お墓参りができない人に代わって、お寺や霊園側が管理、供養を行うことです。様々な理由から永代供養をする方がいますが、その例は次の通りです。
お墓を継承する人がいない、自分の死後に子や孫に面倒をかけたくない、お墓にお金をかけたくない、お墓を維持していく金銭的余裕がない、お寺との付き合いが億劫、お墓参りが負担になっている、お墓が遠方にある、宗教宗派にこだわりたくない、自分だけのお墓にしたいなどがあります。

特に東京のお墓では、少子高齢化や独身、女性の社会進出などが顕著に増加している状態で、永代供養墓を希望する人が増えています。また、地方の代々のお墓を東京に移して永代供養することもあります。

YOMIURI ONLINEは支持されています。

永代供養墓の種類はいくつかあります。

まず、合祀型は、石塔、観音像などの供養塔の下に、他の個人のお骨と一緒にお骨を納め、寺院や霊園によって永代に供養を行います。


次に、個別型は、お骨を一定期間納骨堂に個別にお祀りし、契約期間が終了すると別の合同納骨供養塔などに合祀して永代に供養します。

仏壇、ロッカー型は、仏壇スペースを契約してお墓のように自由にお祀りすることのできる新しいスタイルです。


このように自由で手軽で、手間がかからない永代供養墓はこの先も益々ニーズが増えていくはずです。



特に東京などの都心部では、様々なスタイルに合わせた方法が確立されていっています。


時代とともにお墓の形態が変わったとしても、先祖への想いは永遠に変わらないものなのです。

関連リンク

東京で自然葬をしたい

日本では火葬が一般的であり、故人の遺骨は骨壺に入れてお墓に納めることが多くなっています。しかし、最近では遺骨を自然に還す自然葬という方法が東京でも増えています。...

more

東京の自然葬について

自然葬とは従来の東京で行われていた墓石を使う方法ではなく、海や山などに遺体や遺灰を帰すという方法のことを指しています。東京でこの方法を行う場合、法律のことが気になるかもしれません。...

more