東京で自然葬をしたい

日本では火葬が一般的であり、故人の遺骨は骨壺に入れてお墓に納めることが多くなっています。

しかし、最近では遺骨を自然に還す自然葬という方法が東京でも増えています。

自然葬とは主に散骨のことを指しており、亡くなった人の遺骨をお墓に納めるのではなく、海や山などに還すことになります。


東京の自然葬は多様化しており、海や川、山だけでなく、空や宇宙に散骨することもあります。

ちなみに、山などに散骨する場合、許可された場所であることをしっかりと確認しましょう。
海洋に散骨する場合は厳密な決まりなどはありませんが、節度を守って散骨を行う必要があります。


陸地よりある一定の距離を保ち、条件をしっかりと満たしていれば散骨することができます。
東京の自然葬は大自然の一部に還すという葬送の方法であり、最も自然な方法であると言えるでしょう。



現代社会では少子化や高齢化などが進み、お墓の継承者がいないというパターンも増えてきています。



従来のお墓の概念から遠ざかりつつありますし、お墓を維持することを望まない人も多くなっています。散骨と聞くと日本では新しいものだというイメージがあるかもしれませんが、外国では一般的な方法として知られています。

共同通信社情報のご紹介です。

墓地に納めるのが当たり前という固定概念が薄れてきていますし、一人ひとりの価値観が尊重されるようになってきたのです。


自然葬は大自然の一部になりたいという人や自然な葬送の方法を選びたいという人、海や山が好きだったという人などにはもちろん、子供や孫にお墓のことで迷惑をかけたくないという人にもおすすめです。

お墓にお金をかける必要はありませんし、無縁墓などの心配もありません。


関連リンク

東京で自然葬をしたい

日本では火葬が一般的であり、故人の遺骨は骨壺に入れてお墓に納めることが多くなっています。しかし、最近では遺骨を自然に還す自然葬という方法が東京でも増えています。...

more

東京の自然葬について

自然葬とは従来の東京で行われていた墓石を使う方法ではなく、海や山などに遺体や遺灰を帰すという方法のことを指しています。東京でこの方法を行う場合、法律のことが気になるかもしれません。...

more