東京にも増えている永代供養墓

東京にも増えている永代供養墓

永代供養墓とは、寺院が責任をもって永代にわたって供養と管理をしてくれるお墓のことです。
現代の少子高齢化、核家族化、女性の社会進出、独身の増加などでお墓の継承や管理が難しくなっている状態が多いので、需要は年々増えています。
東京でもそのような永代供養をする寺院は増加してきています。東京は自分の働いている地域、住んでいる場所なのでそこにお墓を持ちたいと考える人はとても多いのが現代の傾向です。

将来的に子供や孫に負担をかけたくない、お墓が遠方にある、無縁仏になる心配、お寺との付き合いが負担、もっとお墓のことを気軽に考えていきたいなど様々な問題を永代供養墓が解決してくれるのです。


また、墓石のあるお墓を建てる費用やそれを維持管理する費用を考えると安く済むというように、費用面でのメリットも大きいです。


永代供養墓の形態はいくつかあります。

まず、屋外型の中の合祀型は前方後円や墳丘の形をしたところに個人のお骨を集合的に埋葬します。

朝日新聞デジタルが今、話題になっています。

納骨墳型は個別に安置します。



納骨塔型棟の地下にお骨をおさめます。

屋内型では、ロッカー型や機械型、位牌型など納骨堂の中に個別に収納されます。
墓石型は通常のお墓と同じように墓石を建てて供養します。



また樹木葬と言って墓地として認可されている場所で行われる樹木を墓碑とする方法もあります。自然に還るという意味でも近年希望する方が多くいます。このように、永代供養には様々なタイプがあります。

東京にも寺院によっていろいろなシステムや方法があるので、それぞれの意向や費用面などから考慮して良い方法を選ぶのが最適です。


関連リンク

東京でも永代供養墓を求める人が多くなっている

従来建立されているお墓の場合は、そのお墓が霊園にある場合であってもお寺にある場合であっても、そのお墓を継承する人がいなくなってしまえば、一定の期間や手続きを取ることで無縁墳墓として改葬されることになります。お墓を継承するすることができない、あるいは継承する人がいないといった時には、お墓を建立することを拒否されることも東京ではありますし、建立したとしてもいずれは無縁墓として処理されてしまうことになります。...

more

東京での永代供養墓について

近年、永代供養墓が増加傾向にあります。永代供養墓とは、お墓参りができない人に代わって、お寺や霊園側が管理、供養を行うことです。...

more